2007年05月15日

更年期障害の原因

●●● 更年期障害の原因 ●●●

女性の場合、閉経期前後になると卵巣ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下することにより起こる。
男性の場合、30歳前後よりテストステロンの分泌量が減り、その結果40代後半になってくると更年期障害の症状が起こることがある。
男性更年期障害が女性の更年期障害よりも問題とならないのは、テストステロンの分泌量の低下がエストロゲンのそれよりも緩やかであるためその症状が表に出にくく、中には「年のせい」で片付けてしまうこともあるせいである。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

★☆★ YAHOO NEWS ★☆★
 偽名を使って通信販売会社から健康機器などをだまし取ったとして、千葉県警柏署は9日、詐欺と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等隠匿)の疑いで、同県浦安市明海、東京大学4年広部拓也(22)、東京都葛飾区亀有、日本大学3年倉田祐樹(22)を逮捕した。また、同容疑で千葉県我孫子市柴崎台、無職近藤仁(30)=別の詐欺未遂罪で起訴=を再逮捕した。
↓↓↓ つづきはこちらへ ↓↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070513-00000014-gen-ent

●●● 更年期障害の特徴 ●●●

 自律神経系の失調と不定愁訴。この二つが更年期における特徴ですが、更年期では他にも様々な症状が起こりうる可能性があります。それは女性ホルモンの減少だけが影響しているわけではなく、加齢がもたらす身体への影響や、生活習慣のひずみなども関係していることがあるからです。
だからといって、おびえていてはいけません。更年期障害とは付き合っていかなければなりませんから。
zzz
posted by ramjy at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

月経前症候群

★☆★ 月経前症候群 ★☆★
 女性にだけ訪れる生理。特に生理前になると、下腹部痛、肩こり、頭痛、便秘、胸のはりなどに加えて、イライラ、憂うつ、集中力減退などの精神的変化を感じることがある。これは、「月経前症候群PMS、Premenstrual Syndromeの略)」と言われるものです。
 女性なら誰にでも起こりうるもので、なぜこのような変化が起こるのか、ハッキリしたことは分かっていないが、ホルモンの変動が関係していることは間違いないようである。
 生理前の不快症状がPMSかどうか、気がつかないことがある。そこで一度、記録をつけてみよう。記録は、基礎体温と体調、生理周期、その日の出来事などを記入する。心や体の状態を合わせて記入してみると、意外なことに気がつくかも。また基礎体温は、朝、目を覚ました時体を動かす前に測るのがベスト。もちろん、PMSであっても落ち込まず、「女性なら誰にでも訪れるもの」とポジティブに捉えよう!

★☆★ YAHOO NEWS ★☆★
 無我ワールドの藤波辰爾(53)が12日、都内で「アクアトレーニング」を初公開した。現役レスラーの肉体を維持するため2年前に開始。関節の可動域が広がり、柔軟な筋肉がよみがえった。20日の岡山大会では国内通算3500試合を迎える。1971年(昭和46)5月9日に日本プロレスでデビューして36年。トップレスラーとして第一線を走り続ける男が「もう一花」を誓った。
 藤波が荒い呼吸で25メートルプールを歩く。手にはひれ付きの手袋や抵抗具といわれる板を装着。足も蹴りや相撲のしこなど抵抗の大きな動作を繰り返して前へ。9種類の運動を約1時間半かけて黙々とこなす。歩いた距離はわずか850メートルだが、藤波の筋肉は見事に盛り上がっていた。
↓↓↓ つづきはこちらへ ↓↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070513-00000042-nks-fight

★☆★ 一般的な人間ドック ★☆★

血液検査/採尿・検便/身体測定/血圧測定/視力測定/眼圧測定/肺機能検査/聴力検査/眼底検査/心電図/腹部超音波検査/胸・上部消化器X線

 人間ドックや健康診断などの検査結果は、同じ数値であっても病院や施設によって判定基準値や範囲にばらつきがあります。このため、利用者が自分の検査結果の判断がしにくくなっています。
 人間ドックは全国同一の基準で同様な判断ができるのが大切であり、これによって地域差、年齢差、年次変化などの全国調査は正確になります。
 これは受診者が転勤した場合などに全国で同一の判定が得られるため、利用者も最適な事後指導を受けることができるでしょう。
posted by ramjy at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

肌の悩み−乾燥−

★☆★ 肌の悩み−乾燥− ★☆★
 エアコンの影響で一年中乾燥しがちな室内。
 様々な老化のサインの中でも、特に実感として感じてくるのが肌の水分、脂分の減少です。紫外線や空気の乾燥などの外的影響はもちろん、年齢を重ねるとともに、肌自身の保湿力が低下するため、かさつきを常に感じてしまうのです。
 20歳をピークに女性の肌は乾燥がちになってきます。これは角質の潤いを保つ天然の保湿成分が、年齢とともに減少していくのが主な原因です。乾燥にさらさられると、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、隙間が生じていきます。この隙間を通して、表皮の水分が蒸発してゆくのです。その結果、水分を失った表皮はさらに薄く硬くなり、小じわになっていきます。

★☆★ YAHOO NEWS ★☆★
「たった1分間でできるビューティ習慣」ともいうべき「BOBBI BROWN(ボビイ ブラウン メイクアップ&ゴー コレクション」より、『シマーブリック』の夏限定色“サンドストーン”が5月1日(火)新発売。“サンドストーン”は、「ブロンジング パウダー ナチュラル」のカラーをベースに、ひと刷毛で簡単にほんのり日焼けしたようなヘルシー小麦肌に仕上がります。さらに、...
↓↓↓ つづきはこちらへ ↓↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000002-fash-fash
posted by ramjy at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。